地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、加古川の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

加古川の地域情報サイト「まいぷれ」加古川市

絞り値の設定のコツを知りたい!絞り値の大小でピントの合う範囲をコントロールできる!

 ちいさな写真屋さんのニュース

絞り値の設定のコツを知りたい!絞り値の大小でピントの合う範囲をコントロールできる!
写真屋さんがお伝えする「写真撮影テクニック」♪♪

増田兄弟がやっている市内出張費無料
加古川の写真屋こと「ちいさな写真屋さん」のまっすんです。

今日は、「絞り値の設定のコツを知りたい!絞り値の大小でピントの合う範囲をコントロールできる!」について♪♪

絞り優先オートは絞り値(F値)を自分で設定するモードですが、
その絞り値はどれも半端な数字ばかりで、覚えようとすると
それだけで嫌になってしまいます。

ここでは数字の順番を無理に覚えようとせず、
設定した絞り値の数字の大きさによって、
変化する効果を体で覚えるようにしましょう。

まずは数字の大小による、ピントの合う範囲の違いです。
数字を大きくするピントの合う範囲は広く、
数字を小さくするピントの合う範囲は狭くなります。


数字の大きさでピントが変わる

絞り値の数字が小さいF5.6側では被写体の背景が
大きくぼけますが、絞り値の数字が大きいF32側では
背景までピントがあってしまいます。

簡単に言えば、「ボケ味を楽しみたいときは数字を小さく、
奥までピントを合わせたいときは数字を大きく」すればいいのです。

使用するカメラやレンズによってこの効果は変わりますが、
基本は同じです。ただしもともとイメージセンサーが小さく、
ピントの合う範囲が広いコンパクトデジタルカメラでは、
なかなかボケ味を表現することはできませんので、注意が必要です。

絞り優先モードでは絞り値を撮り手が設定すれば、
シャッター速度はカメラが自動的に設定するので
あまり意識することはないかも知れませんが、
設定した絞り値に合わせて、シャッター速度も
変化していることを意識してください。

F16以上に設定すると、手ぶれの可能性が発生するので、
三脚が必要なシャッター速度になります。

サービス・サポート[スタジオ撮影・出張撮影]

ちいさな写真屋さん

最新のニュース一覧へ
口コミ

このお店・施設に行ったことがありますか?

あなたの体験や感想を投稿してみましょう。