地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、加古川の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

加古川の地域情報サイト「まいぷれ」加古川市

「青色申告」と「白色申告」のメリット・デメリット!!

 エリンサーブ 加古川オフィスのニュース

「青色申告」と「白色申告」のメリット・デメリット!!
秋晴れな日が続いていて気持ちがいいですね〜♪♪

加古川駅前、起業支援レンタルオフィス・コワーキング
エリンサーブ加古川オフィス マネージャー」の増田です。

今日は、「起業・ビジネスノウハウ情報」をお伝えいたします〜♪


【 確定申告「青色申告」と「白色申告」 】

確定申告には2種類ある。

「青色」と「青色ではない」という区分になるのだが、
この「青色ではない」を「白色」と呼んでいる。

一般的には「青色申告」が断然おすすめで、
特別な理由がない限り白色申告は避けた方が良い。

ざっくりとしたイメージになるが、
「几帳面に帳簿につける=青色」
「どんぶり勘定=白色」と考えると、イメージしやすいだろう。

「青色」になるためには税務署への申請、承認が必要だ。


【 「青色申告」と「白色申告」のメリット・デメリット!! 】

青色申告の承認を受けている場合、
白色申告の場合に比べて、税務上様々な特典を受けることができる。

しかし、日々の取引を正確に記帳しなければならない為、
どんぶり勘定でOKな白色申告よりも大変ではある。

だが正確な帳簿を求めてくるのは税務署だけではない。

例えば、銀行で融資を受ける際には
必ず財務諸表(損益計算書、貸借対照表など)
又は試算表の提出を求められる。

これらを作成するには日々の記帳の集計が必要であり、
土台がどんぶり勘定では融資を受けることが難しい。

税務上の特典制度を利用できる上、
いずれ必ず必要になると考えれば、青色申告をやらない手はないと言える。

白色申告のメリットは、青色申告と相対的に
「日々の取引を正確に記帳する」作業の手間が省けるということだが、
それ以上のメリットは皆無だ。

平成26年1月より、白色であっても青色と同レベルの記帳と
帳簿保存が必要とされたため、どんぶり勘定も厳しくなっている。

では、デメリットはいうと、
青色申告の特典制度の適用を受けられないこと」に尽きる。

カテゴリ

サービス・サポート[起業支援/レンタル・コワーキングオフィス]

エリンサーブ 加古川オフィス

最新のニュース一覧へ
口コミ

このお店・施設に行ったことがありますか?

あなたの体験や感想を投稿してみましょう。

人気のキーワード