地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、加古川の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

加古川の地域情報サイト「まいぷれ」加古川市

すべての飲食店に消火器が必要になります!

消防法が改正されました!!

改正前

 延べ面積150平方メートル以上の飲食店等に消火器の設置が必要

改正後 

 すべての飲食店等に消火器の設置が必要

ただし、延べ面積150平方メートル未満で次のいずれかに当てはまる場合は設置不要 

  ・ 火を使用する設備や器具※1を設けていない場合

  ・ 防火上有効な対策※2がとられている場合

      ※1、※2の詳細はQ&Aをご参照ください

Q&A

なぜ改正?

 平成28年12月22日、新潟県糸魚川市の飲食店で火災が発生し、住宅や店舗など147棟を焼損する大規模火災となったことを受け、消防法令が改正されました。

飲食店等とは?

 レストラン、そば屋、すし屋、喫茶店、スナック、料亭などが当てはまります。

 消防法令上は次のとおりです。

 消防法施行令別表第1(抜粋)

(3)

待合、料理店その他これらに類するもの

飲食店

火を使用する設備や器具とは?(※1) 

 飲食物を提供するため、調理を目的として設置されている、消防法第9条に規定する「火を使用する設備」又は「火を使用する器具」が当てはまります。(IHコンロ等は除きます。)

防火上有効な対策とは?(※2)

 次の1~3いずれかの対策がとられている場合、消火器は設置不要です。

      1.  調理油過熱防止装置

         センサー(すべての火口に必要)が温度を感知し、

        自動的に火を消して出火を防ぐ装置

        「Siセンサー」等

       2.  自動消火装置

           火を使用する設備又は器具の火災を自動的に感知し、

        消火薬剤を放出して火を消す装置

        「フード等用簡易自動消火装置」等

 

      3.  圧力感知安全装置

          過熱等によるカセットボンベ内の圧力の上昇を感知し、

       自動的にガスの供給を停止して火を消す装置

いつから?

 平成31年10月1日からです。

お問い合わせ

加古川市消防本部予防課  電話番号:079-427-6534


 安全・安心のため早めに消火器を設置しましょう。

 まずは、予防課へご相談ください。