地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、加古川の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

加古川の地域情報サイト「まいぷれ」加古川市

地元民が語る加古川ネタ知っとう?

加古川市別府町にある「あかがね御殿」と言われた多木浜洋館を取材してまいりました♪♪

多木化学の創業者が建てた銅板張りの洋館

【地元民が語る加古川ネタ知っとう?】は、加古川の地元民だからこそ知るスポットやイベントの情報を突撃取材し、加古川の魅力をバシバシ播州弁で発信していくコーナーです。
わがまち加古川60選
わがまち加古川60選
沖縄はもう梅雨入り!!

ども、加古川ご当地ライターのまっすんです。

今回は、加古川の別府町にある「多木浜洋館(あかがね御殿)」を取材してまいりました!!

今回は、オフィスのお昼休みに車を走らせて、別府港の方までドライブ&取材にいってまいりました♪♪

「わがまち加古川60選」の冊子にも載っている、通称「あかがね御殿」こと、多木浜洋館にゴーゴー!!


駐車場
駐車場
近くまでいくと、横に、しっかり数十台車を停めることができる駐車場がありました!!

平日に関わらず、この台数。

別府町、結構盛り上がっていますね。楽しみ!!

では散策してまいりましょう♪♪
歩道
歩道
駐車場に車を停め、前の歩道を歩いていくと、横に「住吉神社」という神社があります。

そちらから入ることもできますし、先ほどの駐車場とも直結しています。
肥料主裏
肥料主裏
駐車場の「住吉神社」側から入っていくと、裏手にとても大きな石の石碑がでてきますが、これはなんじゃ!?と、正面に回ってみると・・・
肥料主前
肥料主前
どーん!!

写真じゃわかりづらいですが、とにかくでかい!!

5m近くあるかも!?
迫力満点です♪♪

こんなオブジェ、まっすん大好きです♪♪

説明はこのようにありました。


----------- ここから -----------

( 肥料主と刻まれた台座 )

あかがね御殿の西側に「肥料主」と文字が刻まれた大きな台座があります。この台座の上には、かつて多木化学の創業者・多木久米次郎の銅像が立っていました。しかし、戦時中の金属供出により銅像は取り払われ、現在は台座のみが残っています。

----------- ここまで -----------

なるほど。近くの多木化学という会社は肥料の会社のようですね。

崩れ文字なのでわかりにくかったですが、正面には、「肥料主」と書いているようです。

パッと見た時、「肥料王」と見間違えました!!笑
肥料主アップ
肥料主アップ
もっと近寄って正面から見てみるとこんな感じ!!

迫力ありますね!!

「肥料主!!」

しばらく頭から離れなさそうです♪♪笑

文字は、西を向いて立っております。

「肥料主、ここに鎮座!!」

という雰囲気です。
住吉神社1
住吉神社1
横の住吉神社からも、その石碑は見ることができます。

わかりづらいですが、街灯の右手に少し覗いています。

その左手に見えるのが、今回の一番の目的の「あかがね御殿」ですね!!
住吉神社2
住吉神社2
もうちょっと近づいてみましょう。

肥料主の石碑の頭が見えてきてました!!

石碑の横を通り過ぎると・・・
あかがね御殿
あかがね御殿
どーん!!

「あかがね御殿!!」

すごい、特徴的なレトロな雰囲気の建物。

基本3階建てですが、一部4階に。

正式名称は、多木浜洋館ですが、当時全面、銅板が貼られており、赤く輝いていたのでこの名前がついたとのことです。

しかし、時間の経過で銅の劣化が進み、現在のような色になっているようです。

当時の銅色も見たかったですが、今の雰囲気も、周りのイメージととてもあっています。

明治時代にタイムスリップした感じ!?

説明はこのようにありました。

----------- ここから -----------

多木浜洋館は、多木化学の創業者、多木久米次郎が来賓を迎えるために大正の中頃に着工、昭和8年に完成した贅を尽した4階建ての洋館です。屋根、外壁に銅板を張りめぐらせていることから「あかがね御殿」と呼ばれるようになりました。内部は非公開です。平成14年に国の登録有形文化財となりました。近くの別府港には、公共親水緑地として埋め立て、整備された「別府みなと緑地」があります。

----------- ここまで -----------

ここには、書いておりませんが国の指定文化財にもなっているようですね。

すごい価値のある建物♪♪
内部絵はがき
内部絵はがき
内部は普段は見ることができませんが、実はまっすん、絵葉書を持っております!!笑

まっすんのオフィスに貼ってあるんですよね~♪♪

えっ!?なんでって!?

全国でやっているご当地検定の加古川版、「かこがわ検定」を受験した時に、見学できたことが実はあり、その時にもらっちゃいました。

中も実際に見せていただきましたが、当時の贅を尽くした内装で、価値のある調度品がとてもたくさんありました。

とても印象深い建物です。

また公開されるタイミングもあるかと思いますので、ぜひ一度行ってみてはいかがでしょうか♪♪

以上、まっすんでした。

次回の取材もお楽しみに~♪♪


(現地取材日;2018年5月10日)
▼ 「多木浜洋館(あかがね御殿)」が紹介されている動画はこちらから!! ▼
《 下記のポイントは要チェック 》

・ 
わがまち加古川60選!!

・ 肥料主の石碑を仰ぐべし!!

・ 近くの別府港も散策すべし!!

・ 銅板が輝いていた時代を妄想すべし!! 

・ 内部公開されるタイミングに行くべし!!
増田兄弟
増田兄弟
【加古川ご当地ライター まっすん(増田兄弟)のプロフィール】

加古川に生まれ、学生時代はずっと加古川で過ごし大学は東大阪の近畿大学でしたが、加古川から通っておりましたので約20年ぐらい加古川で生まれ育ちました。

その後、大阪・神戸で仕事しておりましたが、2012年から加古川市の委託事業として、加古川駅前に「起業支援型シェアオフィス」の立ち上げに関わり、現在も加古川で働いております。


▼ まっすん(増田兄弟)のフェイスブックはこちら!!
▼ まっすん(増田兄弟)のツイッターはこちら!!
▼ まっすん(増田兄弟)の公式サイトはこちら!!
▼ 加古川駅前の起業支援シェアオフィスはこちら!!

人気のキーワード