地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、加古川の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

加古川の地域情報サイト「まいぷれ」加古川市

地元民が語る加古川ネタ知っとう?

「まちの案内所」や「加古川市民ギャラリー」がある、《棋士のまち》で有名な加古川の中心的な駅を取材してまいりました♪♪

わがまち加古川玄関口

【地元民が語る加古川ネタ知っとう?】は、加古川の地元民だからこそ知るスポットやイベントの情報を突撃取材し、加古川の魅力をバシバシ播州弁で発信していくコーナーです。
わがまち加古川60選
わがまち加古川60選
3月は、寒暖差が激しいので、服装に困ります~。

ども、加古川ご当地ライターのまっすんです。

今回は、「わがまち加古川60選」シリーズの「加古川駅」を取材してまいりました!!

まっすんが、加古川のご当地ライターをはじめてから結構経ちますが、まだ肝心な加古川駅を取材できていませんでした!!

ご当地ライター失格!!笑

ということで、「わがまち加古川60選」のひとつでもあるので、早速取材してまいりました♪♪

----------- ここから -----------

明治21年(1888)に開業した加古川の玄関口。駅舎と周辺の景観は時代とともに変わってきました。現在の駅舎は、平成17年に加古川の流れをイメージしてリニューアルオープンしたものです。コンコース内には加古川市のまち案内所や各種パンフレットを備えた加古川市民ギャラリーもあります。

----------- ここまで -----------

加古川駅は、青と水色ですが、加古川の流れをイメージしているそうですね。

確かにそう言われると、加古川の穏やかな流れを感じることができて、とても爽やかなイメージな駅です。

スモーキングエリア
スモーキングエリア
「わがまち加古川60選」の看板の横に、スモーキングエリアが設置されています。

最近、受動喫煙に関するルールなどが厳しくなってきているので、分煙化がどこでも進んでいますね。

吸う人と、吸わない人の共存のまちづくりの一貫ですね。
棋士のまち加古川
棋士のまち加古川
そう、加古川と言えば、「棋士のまち」です。

将棋が昔から有名で、まさにいま将棋界は空前のブーム到来真っ最中!!

加古川駅周辺でも、このような旗やノボリをあらゆるところで目にします。


太陽光発電システム
太陽光発電システム
今回の取材で発見したのがこれ!!

太陽光発電って書いていたので、「これなんぞや?」と思って近寄ってみると、デジタル掲示板が。

なるほど、加古川南広場の電力をこれでまかなっているようですね。

まさに時代は、エコブーム!!

自然派な取り組み、本当にいいですね。

こういうのまっすん大好きです。
かこバス
かこバス
南広場には、バスのロータリーとタクシー乗り場がありますが、加古川を移動するのに、とても便利なのが、「かこバス」のループバス。

加古川は結構、縦にも横にも広い町なので、移動手段は必ず車が必要。

そこで安く利用できる「かこバス」は本当に重宝します。

東加古川方面のまっすんの実家の前にも、かこバスのバス停があるので、加古川駅から実家に行くときにとても便利です。
ビエラ加古川
ビエラ加古川
こちら駅構内ですが、スーパーなど10店舗ほどがはいっている「ビエラ加古川」があります。

ここが本当に便利ですね。

通勤で帰ってきて電車を降りたらすぐに買い物ができるというのがとても楽!!

主婦には嬉しい駅の動線設計ですね。
加古川市民ギャラリー
加古川市民ギャラリー
その隣には、先日、まっすんの普段働いているレンタルオフィスの会員様が個展をされた「加古川市民ギャラリー」「まちの案内所」があります。

会員様がされた個展のまいぷれ記事を載せておきますね。

※ 株式会社Sydecas 寄玉様の男のエプロン写真展はこちら!! 

※ and 西嶋様の「365日ポスター展」はこちら!!
北時計塔
北時計塔
駅北にでると、こんな景色になります。

時計がシンボルですね。

待ち合わせにはぴったり!!

昔に比べると、駅北も本当に綺麗に整備されました♪
駅北広場
駅北広場
ベンチも設置され、大きな円錐形のシンボルも広場の真ん中にあります。

このシンボルが、ブラジルのマリンガ市にあるモニュメントとのこと。

日本の裏側は、よくブラジルって言われますが、加古川の真逆がこのマリンガ市のようで、姉妹都市になっているようですね。

ということで、この駅北のとおりも「マリンガ通り」という名前がつけられているそうです。

まっすん、生まれてはじめてこの事実を知りました!!

まだまだ加古川のこと知らないことだらけ。

一生勉強!!笑

加古川の観光大使「てるひめ」
加古川の観光大使「てるひめ」
こちらが、駅構内にある「特別加古川観光大使」の「てるひめチャン」!!

黒田官兵衛が生涯愛した妻ですね。

この播磨エリアは、黒田官兵衛にまつわる歴史がたくさん残っています。

大河ドラマにもなりましたね。

あまり知られていませんが、加古川線5・6番線ホームから西側へ約15mの場所に、1m程の赤錆びたレールが展示されています。

これは、旧加古川駅ホーム上屋に再利用されていた1880年製レールです。旧駅舎は取り壊され、高架駅として新しくなりましたが、旧駅舎の数少ない遺物として、大切に保存されています。

ホームで電車を待っている最中にぜひ一度見てみてください。
棋士のまち 加古川
棋士のまち 加古川
まっすんがまだまだ若い頃から、将棋と言えば「羽生名人」がとても有名でしたが、その羽生さんを破った藤井聡太名人(15)で業界が本当に盛り上がっています。

駅構内でも、加古川の有名な棋士のプレートが立っています。

有名な棋士がでてくると、加古川も盛り上がりますね♪♪
棋士のまち 石ベンチ
棋士のまち 石ベンチ
こちらが最近設置された、将棋ができる御影石のベンチ!!

将棋のコマさえ持って来れば、ここで将棋ができちゃいますね!!

加古川に来られた際は、ぜひ、将棋をお持ち頂ければ駅前で楽しめちゃいますので、満喫してみてください♪♪

以上、まっすんの「加古川駅レポート」でした。

次回の取材をお楽しみに♪♪


(現地取材日;2018年3月23日)
▼ 「加古川駅」の紹介動画はこちらから!! ▼
《 下記のポイントは要チェック 》

・ わがまち加古川60選

・ ホームから1880年製のレールを確認すべし!!

・ 駅の立ち振る舞いから、加古川を想像すべし!!

・ 「てる姫」ちゃんと記念撮影すべし!!
 
・ 棋士のまちベンチに座って、将棋すべし!!
【 所在地 】 加古川町篠原町

【 アクセス 】 JR加古川駅
【加古川ご当地ライター まっすん(増田兄弟)のプロフィール】

加古川に生まれ、学生時代はずっと加古川で過ごし大学は東大阪の近畿大学でしたが、加古川から通っておりましたので約20年ぐらい加古川で生まれ育ちました。

その後、大阪・神戸で仕事しておりましたが、2012年から加古川市の委託事業として、加古川駅前に「起業支援型シェアオフィス」の立ち上げに関わり、現在も加古川で働いております。


▼ まっすん(増田兄弟)のフェイスブックはこちら!!
▼ まっすん(増田兄弟)のツイッターはこちら!!
▼ まっすん(増田兄弟)の公式サイトはこちら!!
▼ 加古川駅前の起業支援シェアオフィスはこちら!!

人気のキーワード