地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、加古川の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

加古川の地域情報サイト「まいぷれ」加古川市

地元民が語る加古川ネタ知っとう?

加古川市役所近くの鹿児の庭を散策してきました♪♪

市民が集う美しい純日本式庭園

【地元民が語る加古川ネタ知っとう?】は、加古川の地元民だからこそ知るスポットやイベントの情報を突撃取材し、加古川の魅力をバシバシ播州弁で発信していくコーナーです。
わがまち加古川60選
わがまち加古川60選
ども、加古川ご当地ライターのまっすんです。

今回も、「わがまち加古川60選」シリーズのひとつ「鹿児の庭」を散策してまいりました!!

ここは加古川市役所の近くというかとなりにある庭で、市民が集う美しい純日本式庭園になっています。

看板にはこのように書かれておりました。

----------- ここから -----------

昭和48年に造られた、市役所前に広がる純日本式庭園です。

庭の中央線に十三重塔、そばに滝、下に池があり、花しょうぶ・つつじ・黒松などの草木が、庭の景観をいっそう引き立てています。

手入れの行き届いたきれいな庭園は、心くつろぐ憩いの場として広く市民に親しまれています。

----------- ここまで -----------

昭和48年に造られたとのことなので、まっすんが生まれる前ですね。

40年以上前ってことですね。

まっすんの年がバレるか!?笑
周辺案内図
周辺案内図
庭の前には、道路沿いに周辺案内図の看板が立っていました。ちょうど、市役所がある一角の北に位置している庭です。

西隣には、加古川市民会館があります。

庭からも市役所が臨めますね。

市役所周辺は、いろんな役所関係の機関が揃っているので、便利ですね。

飲食店なども、結構充実しているみたいなので、まいぷれ加古川の掲載店もたくさんあります!!

市役所は、まっすんが普段やっているエリンサーブ加古川オフィスが5年ほど前にオープンした際に、市の委託事業としてはじまったので、プレゼンに行った頃のことを思い出します。

なつかしい〜!!
正面入り口
正面入り口
ここが鹿児の庭の入り口です。

ちょっとみにくいですが、右の岩に、「鹿児の庭」って字が彫られています。

鹿の子供と書いて、「かこ」って読みますが、これも加古川の人にとっては、結構馴染み深い。

もともと、「加古川」って、「鹿児川」だったそうです。

加古川の歴史を学校で聞いた際に、そのような説明を覚えています。

鶴林寺の近くに、加古川名物の「鹿児のもち」ってありますが、その商品名も古い「鹿児」が使われているので、庭の名前もそれにちなんでいるみたいですね。
八つ橋
八つ橋
公園の入り口を入るとすぐに、庭の中の川を横断するように、公園のセンターに8個の石が並べられた橋を目にすることができます。

右手の生えている菖蒲が綺麗です。
六角形建物
六角形建物
橋を渡っていくと、川が池につながっており、池の中央に、六角形の建物が目に入ってきます。

そこにいくまでの、頭上はすべて藤棚のようですね。

行ったのが初夏だったので、藤はすでにありませんでしたが、またシーズンにいってみたい♪

藤棚を渡って池中央の島に渡るって、想像しただけで気持ちがいいですね!!
池
池の中には、蓬莱島という浮島があり、この時期は、藻が繁殖して、水面は入浴剤を入れたかのように、真緑でした。

向こうに見えるのが、市役所の本庁ですね!
菖蒲園
菖蒲園
先ほど、石の橋を渡る際に、右手に見えていた菖蒲は、全部で2800本も植わっているそうです。

この時期も結構咲いておりました♪

菖蒲のいい香りも庭中に漂って気持ちよかったです。
川
菖蒲の生えた池とつながっている川もこのように庭の中に通っており、本当に純日本庭園の造りになっています。

夏場なので、少し水が干上がっていましたが、普段は水が流れているそうです。

芝生広場
芝生広場
庭の一角には、大きな芝生広場もあります。クローバーがたくさん生えていました。

ここで寝転ぶと気持ちよさそうですね♪

お昼お弁当をもって、ここでランチっていうのもありかもです。

上手鉢っていうお茶用の鉢も設置してあり、野点(のだて)という茶会も開くことができるそうです。
加古川市役所
加古川市役所
庭の周りを歩いていると、市の木である「黒松」が群生しているエリアに来ると、ちょうど木の間から、加古川市役所の本庁が見えます。

きっちりと計算されて、庭が作られているのがわかりますね。

素人のまっすんでも、わかります。笑

散策した日も、庭師さんが手入れされていたので、綺麗に整っています。
黒松
黒松
黒松の群生エリアは写真のような感じで、周りの獣道を進んでいくとみることができます。

黒松は、加古川市の木になりますが、花でいえば「つつじ」ですね♪

庭の中には、市花の「つつじ」もたくさん群生していました。
十三重の石塔
十三重の石塔
黒松エリアの中央ぐらいに、三重の塔ではなく、十三重の塔(石塔)が建っておりました。

大きさは、まっすんの背丈ぐらいでしたが、十三重の塔って珍しいですね。

これも日本庭園ならではのモニュメント!?
モニュメント
モニュメント
モニュメントといえば、庭と市役所の本庁の間に、リボン?をイメージしたこんなモニュメントが立っておりました。

アートはいいですね!!きっとまっすんが思うに、愛をイメージしてる感じかな!?笑

ちゃうかな!?w
ベンチ
ベンチ
庭を一周回るのも結構距離はあるので、庭の所々に、こんな感じでベンチも点在しています。

ちょっと休憩しながら、いろいろな花を観賞するのっていいですね。

今度ランチで弁当を買ってこよっかな♪♪

市役所に用事がある際は、ぜひ立ち寄りたいですね!!

八重桜も群生しているので、春先にもぜひ来てみたい!!

以上、まっすんでした♪

また加古川ネタレポしますね!!

(現地取材日;2017年6月12日)
▼ 「鹿児の庭」の紹介動画はこちらから!! ▼
【 所在地 】   加古川町北在家2000

【 アクセス 】  神姫バス、かこバス「市役所前」下車すぐ
【加古川ご当地ライター まっすんのプロフィール】

加古川に生まれ、学生時代はずっと加古川で過ごし大学は東大阪の近畿大学でしたが、加古川から通っておりましたので約20年ぐらい加古川で生まれ育ちました。
その後、大阪・神戸で仕事しておりましたが、4年前から加古川駅前に「起業支援型レンタルオフィス」の立ち上げに関わり、現在も加古川で働いております。

▼ 加古川駅前の起業支援シェアオフィスはこちら!!
http://www.erinserve.com/kakogawa/

人気のキーワード